脳卒中の一つである

脚の治療

脳卒中とは、脳内にある血管がなんらかのトラブルを起こしてしまうことから発症する病気で、脳梗塞、くも膜下出血、脳出血に分けることが出来ます。この3つの病気でも血管が詰まることで発症する病気を脳梗塞と呼び、くも膜下出血と脳出血は血管が破れてしまう病気の違いがあります。脳梗塞は血管が詰まってしまったり血管が細くなることで、血液によって送られて来る酸素やブドウ糖が脳内に行き渡ることが出来なくなってしまい、脳内にある細胞が壊死してしまう病気です。更に脳梗塞にも種類があり、細い動脈が詰まって起こるラクナ梗塞と、大きな動脈が詰まることで起こるアテローム血栓性梗塞、そして心臓から送りだされて来た血栓が脳の動脈で詰まってしまう心原性脳塞栓症に分かれています。脳梗塞にかかってしまった人は何らかの後遺症が残るため、入院後からリハビリが必要となって来ます。

いろいろな症状を見せる

脳梗塞にかかった人が起こす症状は、千差万別と言って良いくらい様々な症状を見せることになります。言葉が上手く話せなくなるとか声が出せなくなり、失語症になるケースがあれば、顔面や手・足に麻痺やしびれの症状が出てしまう人もいます。また体の半分が認識出来なくなり、文字が書けなくなるとか衣服を着ることが出来なくなり、更にはふらつくなども起きてしまいます。症状が悪化することで、記憶がなくなるとか自宅周辺の風景も忘れてしまうなどの記憶障害や簡単な計算も出来なくなるなどの症状を見せるケースも出て来ます。リハビリをすることで100%回復する人も出て来ることになり、リハビリはなくてはならないものとなっています。

機能回復に努める

脳梗塞にかかった人が行うリハビリは正常な生活に戻れるために、能力を取り戻す治療や訓練を行うものになります。脳梗塞のリハビリには、急性期・回復期・維持期に分けることになり、起きる・歩く・などの基本動作から始まり、食事や着替えなどの生活習慣が出来るようにと行います。脳梗塞にかかった人が個人では何も出来ないことが多いことから、理学療法士や作業療法士が一緒に治療や訓練にあたることになります。リハビリで行う治療目的は、脳や身体の機能を回復させることや残っている機能を更に強くするとか新たに開発すると言った方法を取ります。そこには左足に麻痺が残ってしまった人には治療を行うことで、機能回復を目指すことになり、それでも発症以前の状態に戻らない時には、右足を強化すると言った方法を取ることになります。脳梗塞の場合には、発症直後からリハビリを行う必要がありますが、これは脳梗塞の場合では発症後もしくは2カ月以内でないとリハビリテーション病院に転院出来ない制度も関係しています。

広告募集中