HOME>ホットトピックス>病気の原因となることはどんなことなのでしょうか

どんな病気なのか

脳

先天性の疾患にも色々なものがあります。脳動静脈奇形も先天性の疾患の1つです。この病気がなぜ起きるのかということも解明されていません。胎児期にはすでに罹患をしているということになることが多いです。もしくは出生児には正常だった脳の血管が成長をするにつれ、症状が出てくるということもあります。この場合、出生児には正常だったというよりは病変が隠れていたと言ったほうがよいでしょう。脳の毛細血管がうまく作られずに動脈と静脈が直接繋がってしまい、酸素や栄養素が行きわたらないだけではなく、老廃物も上手く排出されなくなります。

症状を知っておこう

脳動静脈奇形を罹患している場合、頭痛に襲われることが多いです。しかし赤ちゃんや乳幼児の場合にはこの頭痛を伝えることができずに、ぐずつきや機嫌の悪さなどが出ていても病気だと気付きにくい、ということもあります。頭痛の他には痙攣や出血は伴うことがあります。痙攣は本人が伝えなくても気付いてもらえることが多いので、痙攣が起こって初めて医療機関を受診し、脳の検査を行って病気が見つかるということがあります。治療法としてはガンマナイフを使った方法がありますが、全ての人を対象をしているわけではありません。

広告募集中